カメラつき安否見守りってどう思いますか?



カメラつき安否見守り ってどう思いますか?

離れたところに住んでいる一人暮らしの親が、高齢になってくると、怪我野球は発作など心配になってきますよね。

年を取るとちょっとした段差でつまづいたり、倒れて骨折、動けなくなったりしますし、持病があればなおさら心配だと思います。。

そんなひとり暮らしの高齢者安否見守りシステム見守り家電をはじめ様々なものが出てきました。

高齢者安否確認の草分け的な家電 見守り といえば、象印が提供している「見守りiポット(アイポット)」が有名ですよね。

湯沸かしポットの使用状況を、見守る側の携帯にメールで知らせるというものです。

新しい安否見守りでは、熊のぬいぐるみを使った安否確認サービスがあります。

NTTと共同で開発したシステムで、ぬいぐるみに様々な機能を搭載し、生活を見守るというもの。

可愛いクマのぬいぐるみにはwebカメラが組み込まれていて、室内の様子などをカメラを通して知ることができるというものです。

カメラで見守るという機能の他、胸に取り付けてあるボタンを押すと、緊急通報ができます。

胸のボタンを押せば、設定登録しておいた最大9人の登録者に、次々と連絡を入れてくれるんですね。

ひとり目が応答しなければ次の登録者へ連絡してくれるので、9人全てに連絡先を登録しておけば、最終的には誰かに連絡が付くのではないでしょうか。

もし相手が留守番電話だった場合でも、自動的に次の連絡者へつぎつぎと連絡し、確実に連絡が取れるシステムになっているそうです。

価格は3万円くらい。
設置費用がかからないので導入しやすいともいえます。

ただ、カメラで見守るという行為は、見守られる高齢者側が了承していればできることで、プライバシーを考えるととても微妙ともいえます。

セコムでも、以前はカメラによる見守りを行っていましたが、今はあまり力を入れていないようです。


高齢者安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」
スポンサーサイト