スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ifまもる』君システムの見守りはどう?



『ifまもる』君システムの見守りはどう?

『ifまもる』君システムは、1人暮らしの高齢者の生活はそのままで、元気に暮らしているかどうかを見守ることのできる安否確認サービスです。

よくある緊急ボタン式の見守りシステムは、何かあったら見守られる本人が自発的にボタンを押して異常をイ知らせるシステムで、ボタンが押されなければ、いくら緊急事態が起きていても通報されることはありませんでした。

階段やお風呂場で倒れたり転んだりしても、そこに押しボタンがなければ異常を知らせることは出来ません。

『ifまもる』君システムのように、センサーを使った見守りもいろいろあります。

センサーで人の動きを感知するシステムは、どこも一定時間動きを感知できないと異常であると判断して、あらかじめ登録してあるアドレスにメールで安否を知らせてくれます。


『ifまもる』君システムのいいところは見守られる側に取り付けるセンサーの設置がとても簡単なところだと思います。。

まず、人感センサーは装置と一体なので配線工事が不要です。(人感センサーは20度の範囲で向きを変えられる首フリ対応型)

装置は小型軽量化されているので、賃貸住宅でも簡単に付属の金具を使ってピンで壁に固定できます。

ソフトバンクまたはNTTドコモ携帯電話サービスエリアであれば、ネット環境がなくてもどこでも装置を設置して使うとができます。

月額料金は2,300円(税別)~。
(料金は改正していることもあるので必ず公式ページでご確認ください)


そこでいろいろ調べてみると、セキュリティー会社大手のセコムもやアルソックも、高齢者向けの安否確認サービス行っている記事を見つけました。

しかも月額料金は3000円前後から…。

そして緊急の場合は駆けつけもしてもらえます。

緊急時の駆けつけサービスがついてこの価格は検討の余地があると思います。

高齢者の見守り安否確認サービスは、まずは情報を集めてみて、比較検討するのも大事だなと思いました。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。