スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックの高齢者安否見守り

パナソニック高齢者安否見守り

パナソニックも高齢者の安否見守りに力を入れ始めました。

2017年9月から介護や支援が必要な高齢者の家にセンサーや通信機器を取り付け、遠隔で見守りや在宅ケアをサポートできるシステムの実証実験をはじめています。

自治体と連携も視野に入れながら実証実験を行います。

家の中での移動やトイレなどの利用状況を検知して生活リズムを把握し、きめ細かなケアに役立てると言うのもそのひとつです。

人感センサーを使った安否見守りがそれですが、他にも睡眠時の体の動きから就寝時間や深夜の目覚めなど睡眠のリズムを把握。在宅ケアを提供する介護事業者などがエアコンを遠隔操作して快適な室温を保ったり、通話機能付きのカメラで様子を尋ねたりして容体悪化の未然防止や緊急時の対応に活用するサービスもあります。

エアコンとセンサーを使って体調や安否を確認する物も開発中で、有料老人ホームなどに設置して遠隔での見守りを行うサービスも始まっています。

家電の見守りは見守りポットで有名な象印の「みまもりiポット」がありますが、さらに進化させ、きめ細やかな見守りが実現できそうです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。