スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしの親 自治体の安否確認サービスは?

一人暮らしの親 自治体の安否確認サービスは?

一人暮らしの親が遠く離れて暮らしていると、何かと心配になりますよね。

持病があったり、足腰が弱ってくると階段で転んではいないか、段差につまづいてはいないか、急な発作で倒れてはいないか、心配はつきないと思います。

個人個人で見守りサービスをさがして、ポットの使用量や、ガスの使用量で見守ったり、センサーを取り付けて動きをチェックしたりと言うシステムを利用している人も多いようですね。

そんな老人の住まいを対象に、各自治体が行っている安否見守りシステムもあります。

特にサービスが充実しているのが群馬県の高崎市です。

緊急通報サービスと、センサーでの見守りを行っていて、65歳以上の老人世帯であれば、無料で利用でするというもの。

通常のセキュリティ会社の見守りサービスを使うと3000円以上するものが、無料で利用できるのですから一人暮らしの独居老人には嬉しいサービスです。

全て無料で利用できる自治体は、色々調べてみましたが、高崎市だけではないでしょうか。

緊急通報ボタンはあっても、月額利用料が必要だったり、無料の場合は収入による制限があったりと、各自治体によってサービスはさまざまなようです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。