サービス付き高齢者住宅のデメリットとは



サービス付き高齢者住宅デメリットとは

高齢者の受け皿として、もはやなくてはならないものになりつつあるサービス付き高齢者住宅、「サ高住」。

多くのメリットもありますが、やはりデメリットもあります。

サ高住の大きなデメリットは
「重度の介護状態では、基本的に住み続けられない」
という点が大きいでしょう。

重度の介護状態になって、住まいがなくなって行き場がなくなる…もうどうしようもないですよね。

またサービス付き高齢者向け住宅の入居には、多くの場合、初期費用(敷金・礼金)と月額費用が必要になります。

施設によって設定が異なるので、初期費用も0円から数百万円かかるところなど様々です。

月額費用も10~30万円と開きがあり、さらに介護サービスを利用すればその利用分、おむつ代、等は別途計算です。

大都市ほど費用は高めに設定されています。

逆にサ高住のメリットは
高齢者でも契約しやすい
入居者の権利が守られている
施設の増加に伴い選択肢が増えてきた
などがあります

自分がどのような老後を送りたいのかを考えることで、入居する施設を決めていくことが大事です。
スポンサーサイト