「身元引受人」高齢者施設に入居の際には必要…



身元引受人というと
何だか身構えてしまいますが
要は何かあった際の(病気・死亡・認知症など)
緊急連絡先のような意味合いが強いようです。

たとえば
高齢者施設に入居して病気になってしまったときや
認知症を発症して判断能力が下がってしまったと時
契約者本人に代わって施設側と相談したり話し合ったり
します。

施設の利用料が滞った場合にも、身元引受人がその利用料
残額を支払うことになります。(重要事項説明書に記載アリ)

また死亡の際の所持品の整理や遺体の引取りも身元引受人
に任されます。

一般的には身元引受人は子供や親族がなるのが通例ですが
最近は子供がいなかったり、親族とも疎遠、または
付き合いがないなど身元引受人が立てられない人も
増えているそうです。

誰にでも頼めることではないので、身元引受人を
見つけることが出来ず困った場合は、一人で悩まず
県や市など、高齢者福祉課にまずは相談してみましょう。
今はNPO法人や、弁護士なども引き受けているようですよ。

ただ、遺産の搾取などの事件も起きているので
契約する場合は慎重に、早めに行っておきたいものです。

スポンサーサイト