高齢者の運転免許の返納も増えている

高齢者運転免許返納も増えている

高齢になると判断力が衰えたり、とっさのブレーキを踏み間違えたり、認知症、急な発作など、車の運転をする人には大きな問題のひとつです。

街中で暮らしている分には公共交通機関が発達しているので問題ないと思いますが、農村部にいくほど公共交通機関が少ないので、運転免許の返納はライフラインに関わる問題です。

買い物するのも、病院にいくにも、移動手段がなければ孤立しているのと同じですからね。

それでも認知症などが出てくると、運転もむつかしくなってきます。

農村部でも、できれば高齢者同士、ネットワークを作ったり、シェアハウスのような施設も検討の余地がありそうですよね。

ただ、これまで自由に暮らしていたのに、そうでなくなるのはなかなか受け入れ難いところもあるでしょう。

運転免許返納の問題は、単に車を運転するしないの問題だけではなく、生活自体の見直しも関わってくるので、一言では片付けられないところがあります。

都市部は別として、農村部での交通の便をどうするかがこれからの課題になってくると思います。

高齢者安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

スポンサーサイト