コーヒーメーカーで安否確認(ネスレジャパン)



コーヒーメーカーで安否確認(ネスレジャパン)

コーヒー販売の大手「ネスレジャパン(ネスレ日本)」はバリスタ(コーヒーマシーン)とアプリを連動させて、同じマシンを持つ家族を登録すれば、離れた所に住む家族のコーヒーを入れた履歴で分かるバリスタを発売。

アプリとネスレのバリスタ(コーヒーメーカー)を連動することで、離れて暮らす親が、いつバリスタを使用したのか、履歴を見ることができるというもの。

高齢になるほど、朝のパン食人口が増えているといいますし、それに伴い高齢者の食生活が昔とは少しづつですが変化しているようです。

その点でもコーヒーメーカーで安否確認ができるという発想も、気になる方多少入るのではないでしょうか。


これですべて安心、安否確認ができるというわけではないけれど、コミニュケーションのきっかけになるという考え方もあります。

コーヒーマシーンで離れて暮らす親の安否確認…。

でも個人的にはポットの方がまだ現実的かなとも思います。

やはりなんといっても茶を飲む回数の方がい多いような気がしますし、手軽なインスタント利用者が圧倒的に多いでしょうから


毎日必ず使用するものでなければ、安否確認の意味は薄くなってしまう気がします。

そういう意味では、携帯電話のアプリを利用しながら、毎日直接電話で話すほうがずっと安否確認の効果はあるのではないかと思います。

スポンサーサイト