スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローコールサービスって知ってる?

ハローコールサービスって知ってる?

アルソックには高齢者の見守りサービスでハローコールサービスというものがあるそうです。

みまもり・かけつけセンターのオペレーターが定期的に電話て、 体調や食事葉ちゃんと食べているかなどの健康状態を確認してくれるサービスなのだとか。

高齢者の安否確認サービスは色々あるけど、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

それに、見守るといっても、親にそんな事言ったら「年寄り扱いするな」といわれそうなのもねぇ…

でも、70過ぎたら、やっぱり少しづつ考えていかないといけないなと思っています。

何かあってからでは遅いし、それにはふだんからのコミニュケーションが大事だなと思う今日この頃。

ホームセキュリティーはちょっと高いというイメージがあるけど、アルソックは結構サービスも充実しているようだし、検討の余地がある気がします。

スポンサーサイト

介護リフォームで補助金を利用する

介護リフォーム補助金を利用する

介護リフォーム・高齢者リフォームを行なう場合、介護度によって介護リフォーム助成金を利用することができます。

ただし注意しておかなければならないのは、申請のタイミングです。

リフォーム後に申請を行なっても助成金(補助金)を申請することができないからです。

介護リフォームを行なう場合は、ケアマネェージャーと相談し、リフォーム会社数社から見積もりを取り、助成金の申請を行なうという流になると思います。

ケアマネージャーさんの知り合いの工務店などもあると思いますが、あえて数社から見積もりを取って、比較検討してみることをお勧めします。

高齢者のリフォームはやはり高額になるので、見積もりは大事です。

安さだけで決めるわけではありませんが、老後の大切なお金を無駄にしないためにも、値段と内容をよく精査したいものです。

遠方に住む一人暮らしの親を持つ心配

遠方に住む一人暮らしの親を持つ心配

一緒に住みたくても、仕事の都合で転勤したり、どうしても同居が叶わない事もあります。

でも老人1人で暮らしてもらうのは、心配がつきません。

転んだとか、持病の発作、火事もあるしお風呂で倒れることだってあるでしょう。

一緒に暮らしていても、事故や怪我は大変なのに、気が付いてあげられず、何日もたって分かったというようなケースも多くあります。

さまざまな見守りサービスがあって、皆さん色々利用しているようです。

そのくらい離れた距離に住んでいるかで利用する安否確認サービスにも違いがあります。

緊急時駆けつけ られる距離なら、ポットの使用料やガスの使用料、携帯電話の安否確認アプリでもいいでしょう。

異変を感じたらすぐに自分か家族が駆けつけられますから。でも、駆けつけられる距離ではない場合、飛行機や列車で向かわなければならない距離の場合はそうは行きません。

やはり緊急時の出動のある安否確認サービスを利用するのがいいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。