スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動で救急通報してくれる高齢者安否見守り リストバンド

自動で救急通報してくれる高齢者安否見守り リストバンド

高齢になると、脳卒中や急な発作、階段や風呂場で転倒したり、突然意識が失われることも考えられます。

そんな時、一人暮らしの高齢者だと連絡が取れない…ということも考えられます。

センサーを使った安否見守りサービスはよく聞きますが、転倒検知や救急ボタンをリストバンド型の装置にしたのはセコムが初めてだと思います。

ペンダント型だとぶらぶらして邪魔になったり、着替えの時には素して忘れてしまったりということがありますが、リストバンド型(時計型)だと、ずっとはめたままいられるので便利です。

本来の機能は、ヘルスケアで、歩数計、消費カロリー表示、時計代わりとしての機能ですが、そこに高齢者の見守りに使える「転倒検知」「救急ボタン」機能が加わりました。

マイドクターウオッチそのものに、セコムへ発信する機能はありませんが、ホームセキュリティと連携することで、ホームコントローラー経由でセコムに連絡がいく仕組みです。

救急通報があれば、セコムが適切に判断し、現場の駆けつけたり(現場急行)必要に応じて救急車を手配してくれます。

ホームセキュリティーサービスのオプションサービスなので、緊急時の自宅への駆けつけは無料。外出先だと有料にはなりますが、急行も可能です。

外出先で使用する場合は、スマートフォンのアプリと連携させる必要があるので、外出先で使用する際はスマートホンがないと使用できませんが、かなり画期的なサービスだと思います。

セコムはトップブランドなので高いというイメージがありますが、プランも色々で、3000円くらいから利用できます。

ポットやガスの見守りだって3000円するので、検討の余地はあるかもしれませんよ!

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
スポンサーサイト

離れて暮らす親をそっと見守るタイプの安否確認システム

離れて暮らす親そっと見守るタイプの安否確認システム

離れて暮らす親が高齢になってくると、病気していないか、転んで骨折…など、何かと心配してしまいます。

自分の親は、老人といってもまだまだ大丈夫。と思いたいですが、やはり寄る歳なみには勝てないのが現状だと思います。

一人暮らしをしている80知人の話ですが、夜中にトイレに起きて、要を済ませてベッドに戻ろうとした時、自分では判らないまま転倒し、翌朝、電話に出ない家族が異変に気がつき駆けつけると倒れていたというケースがありました。

たまたま娘さんが電話をかけたことで異常に気がついたのですが、誰も気がつかないままだったらと思うとちょっと怖くなります。

人事ではありませんからね。

離れて暮らす親を「フォトスタンド」でそっと見守るタイプの安否確認システムもあります。

カメラや音声を拾うの機能はないので、プライバシーも保たれると好評のようです。

いくら見守りといっても、ウエブカメラなどを使った見守りは監視されている感じがして、いくら安否確認しやすいとはいえ、嫌な感じがしますからね。

フォトスタンド型の見守り「ミマモリエ」は、室温や活動状況の変化で自然に安否確認してくれるのが特徴です。

一定間隔で動きが感じられないなどの異常を感じると、あらかじめ登録しているアドレスに一斉緊急メールを送信します。

駆けつけられる距離にすんでいる方にはオススメの見守り です。

ただ、異常を感じた時に見に行く事ができない距離の場合は、駆けつけサービスのある見守りサービスのほうがいいでしょう。

緊急時の対応に定評のあるアルソックやセコムなどは、月額料金が高いイメージがありますが、月3000円くらいからのシニアコースもあって意外にリーズナブルです

まずは情報収集からはじめてみてはどうでしょうか。

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
 高齢者見守りアルソックセコムを比較
 高齢者見守り比較サイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。