スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラつき安否見守りってどう思いますか?

カメラつき安否見守り ってどう思いますか?

離れたところに住んでいる一人暮らしの親が、高齢になってくると、怪我野球は発作など心配になってきますよね。

年を取るとちょっとした段差でつまづいたり、倒れて骨折、動けなくなったりしますし、持病があればなおさら心配だと思います。。

そんなひとり暮らしの高齢者安否見守りシステム見守り家電をはじめ様々なものが出てきました。

高齢者安否確認の草分け的な家電 見守り といえば、象印が提供している「見守りiポット(アイポット)」が有名ですよね。

湯沸かしポットの使用状況を、見守る側の携帯にメールで知らせるというものです。

新しい安否見守りでは、熊のぬいぐるみを使った安否確認サービスがあります。

NTTと共同で開発したシステムで、ぬいぐるみに様々な機能を搭載し、生活を見守るというもの。

可愛いクマのぬいぐるみにはwebカメラが組み込まれていて、室内の様子などをカメラを通して知ることができるというものです。

カメラで見守るという機能の他、胸に取り付けてあるボタンを押すと、緊急通報ができます。

胸のボタンを押せば、設定登録しておいた最大9人の登録者に、次々と連絡を入れてくれるんですね。

ひとり目が応答しなければ次の登録者へ連絡してくれるので、9人全てに連絡先を登録しておけば、最終的には誰かに連絡が付くのではないでしょうか。

もし相手が留守番電話だった場合でも、自動的に次の連絡者へつぎつぎと連絡し、確実に連絡が取れるシステムになっているそうです。

価格は3万円くらい。
設置費用がかからないので導入しやすいともいえます。

ただ、カメラで見守るという行為は、見守られる高齢者側が了承していればできることで、プライバシーを考えるととても微妙ともいえます。

セコムでも、以前はカメラによる見守りを行っていましたが、今はあまり力を入れていないようです。


高齢者安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

スポンサーサイト

「ここくま」NTTと共同開発したカメラつき安否見守り

「ここくま」NTTと共同開発したカメラつき安否見守り

NTTと共同開発した、カメラ付きの高齢者を対象とした安否見守り商品「ここくま」をご存知でしょうか。

ひとり暮らしの高齢者をそっと見守りる為に開発されたクマのぬいぐるみなのですが、見た目のかわいさとは違い、かなりハイスペックの機能です。

ぬいぐるみの熊の瞳にカメラを内蔵させてあって、置き場所によってですが、死角をなくした状態で、カメラの映像による独居老人の安否を見守ることができます。

家電の高齢者見守り はいろいろありますがぬいぐるみの目にカメラを仕込むなんて、まるでスパイ映画のようです。目がレンズになっていて、見守る側は、ここから取得した映像を見ることができます。

胸にはボタンが付いていて、緊急時にこのボタンを押すことで、緊急事態を知らせる ことが可能。

胸のボタンを押すと、緊急通報システムが作動し、あらかじめ登録しておいた最大9人の登録者に、次々と連絡を取っていきます。

ひとり目が応答しなければ次の登録者へ自動的に連絡してくれます。

もし相手が留守番電話だった場合も次の連絡者へ…と順じ連絡し、確実に連絡が取れるまで通報してくれるという仕組みです。

さすがに9人登録しておけば、誰かに連絡は付くのではないでしょうか。

でも個人的には、カメラでの見守りはあまりオススメしません。

見守られる側が了承しているなら別ですが、監視しているような気分になるからです。

カメラでの見守りは、プライバシーの面でも十分な配慮が必要だと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

一人暮らしの親 自治体の安否確認サービスは?

一人暮らしの親 自治体の安否確認サービスは?

一人暮らしの親が遠く離れて暮らしていると、何かと心配になりますよね。

持病があったり、足腰が弱ってくると階段で転んではいないか、段差につまづいてはいないか、急な発作で倒れてはいないか、心配はつきないと思います。

個人個人で見守りサービスをさがして、ポットの使用量や、ガスの使用量で見守ったり、センサーを取り付けて動きをチェックしたりと言うシステムを利用している人も多いようですね。

そんな老人の住まいを対象に、各自治体が行っている安否見守りシステムもあります。

特にサービスが充実しているのが群馬県の高崎市です。

緊急通報サービスと、センサーでの見守りを行っていて、65歳以上の老人世帯であれば、無料で利用でするというもの。

通常のセキュリティ会社の見守りサービスを使うと3000円以上するものが、無料で利用できるのですから一人暮らしの独居老人には嬉しいサービスです。

全て無料で利用できる自治体は、色々調べてみましたが、高崎市だけではないでしょうか。

緊急通報ボタンはあっても、月額利用料が必要だったり、無料の場合は収入による制限があったりと、各自治体によってサービスはさまざまなようです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。