スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人の共同生活もいいな

老人共同生活もいいな

1人暮らしの老人で、兄弟や家族との繋がりがない人、意外に多いんですよね。

元気なうちはいいけれど1人っきりで暮らすのはやっぱり大変…。

それに話し相手がいないのって、寂しい気がします。

テレビがお友達でもいいけれど、できるなら楽しみを共有できる数人と、共同生活ができたらいいなと思います。

誰でもいいわけではないけれど、何かひとつ共有できる楽しみがあったら、園芸でもいいし、将棋でもいいし、俳句でもいいし…

ベタベタに仲がいいのはどうかと思うけれど、プライベートを尊重しながら、同生活できたら、老後も楽しいかもと思ったりします。

なかなか上手くは行かないでしょうが、自分でそんな相手を見つけることができれば一番いいし、自治体で紹介する場があるといいかなと思ったりもします。

子供や係累がいると、それも難しいのはわかるけれど、若いときに寮生活を送るより、いい気がするけどなぁ

でも最近はキレル老人も多いというし、1人暮らしの自由を知ってしまったら、難しいかもしれませんね。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者安否見守り「まもるっく」
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム


スポンサーサイト

家電で見守り象印のみまもりホットライン体験談

家電で見守り象印のみまもりホットライン体験談

高齢者の見守りも色々なタイプがではじめました。

老人を対象とした安否確認で、一番取り入れやすいのが家電での見守りではないかと思います。

たとえば、象印が提供している湯沸しポットの使用量を定期的にメールで知らせてくれるようなものですね

「みまもりホットライン」という安否確認サービスで、ポットの使用を定期的にメールで知らせてくれます。

お湯を足した時や、使用した時に記録される他、ちょっとした外出にも対応できるボタンもあって、よく考えられたサービスだと思います。

年を取ると、お茶やコーヒーなどをよく飲むようになるので、日常的に使う湯沸しポットに使用量で安否確認するのは、よく考えられているなと思います。

初期費用として5000円ほどかかりますが、新品の製品が届きますし、設定もとても簡単でした。

ポットはレンタル扱いで
月額費用は3000円の税別でした。

色々な安否確認サービスがあると思いますが、母は結構気に入っているようです。

取り敢えずの見守り入門には最適かもしれません。

もう少し見守りが必要になったら、その時は駆けつけサービスなどがついたものを検討しています。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。