スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徘徊を地域で見守る取り組「見守りシール」

徘徊を地域で見守る取り組「見守りシール」

徘徊を地域、自治体で見守る活動が広がっています。

福岡市のように防災メールを使って、登録者に発見の協力を依頼するものや、徘徊の恐れのある認知症老人に、個人を特定できる見守りシールを配布し、靴や衣服に貼り付けて、迷子になった時に見つけてもらうというシステムです。

個人名や電話番号といったようなプライバシーの記載は一切無く、シリアルナンバーと連絡先を読み取る事ができるバーコード、そして自治体の見守りサービスであるマークが記載してあるものが多いです。

認知症になると、家族がいくら注意をしていても、いつ何が起こるかわかりません。

先日最高裁で判決がでた、JRとの裁判も記憶に新しいと思います。

認知症になると、体が元気だった場合徘徊が一番心配ではないでしょうか。

見守りシールも活用しながら、また近所の方々との日頃のお付き合いも大切に成ってくると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。