スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料で自治体が取り組む安否見守りシステム

無料で自治体が取り組む安否見守りシステム

高崎市の実施している「あんしん見守りシステム」をご存知でしょうか?

市が貸し出す「緊急通報装置」と「安否確認センサー」で緊急事態に、市が委託した安否確認センターが対応するという高齢者向けのサービスです。

もちろん365日、24時間通報を受付け、対応してくれます。

高崎市に住む65歳以上の一人暮らし、夫婦二人暮しが対象ですが、無料でここまで対応してくれる自治体もなかなかないのではないでしょうか。

緊急通報ボタンの貸し出しは、さまざまな自治体でも取り入れていますが、安否確認センサー(人感センサー)間で無償で貸し出ししてくれるのはなかなかないですよね。

地方自治体の取り組みとして画期的だと思います。


高崎市が行っている「あんしん見守りシステム」は、65歳以上、一人暮らしか、夫婦二人暮しの高齢者が対象の安否見守りサービス。

しかも全て無料です。

緊急通報が入ると、消防や民生委員、近隣住民との連携で適切な見守りを行い、緊急事態や孤独死を防ぐよう考えられています。

まるで、アルソックやセコムの高齢者安否確認サービスを、無料で受けられるようなものだと思います。

通報や通信には電話回線を使うので、固定電話が使えることが前提条件。

もしも固定電話を引いていなくて、新規に契約したとしても、これだけの安否見守りサービスを提供してもらえるのであれば、新に電話を新設してもいいくらいではないでしょうか。

全国に先駆け、高崎市の高齢者福祉はとても充実していて、地域全体でくれ医者を見守る体制を構築しているのだなと思いました。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。