スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何歳から高齢者というのか知っていますか?

何歳から高齢者というのか知っていますか?

高齢者は一体何歳からをさす言葉なのでしょうか。

とりあえず、公的な機関の高齢者の定義で言えば、厚生労働省では

高齢者は、65歳から

これは、高齢者サービス・介護サービス、そして老齢年金を受けるのに対する高齢者の定義としての年齢です。

でも、今の65歳って、昔と違ってまだまだ若いように思います。

人生80年といっていたのはもう昔の話ですね、80歳はまだまだ現役です。

だからといって、ひとり暮らしで何かあったらという心配も尽きません…。

老人ホームやサービス付き高齢者住宅へ入居しないのであれば、自宅で快適に過ごせるよう、準備が必要。

特に持病がある場合、たとえば心臓や血圧、糖尿病などで薬を服用している場合や、足腰が弱っているならなおさらです。

緊急時にどうするかというシュミレーションから、対応の手順をあらかじめ決めておくとあわてず対処できます。

何かあった時に、すぐに家族が駆けつけられないのであれば、アルソックやセコムなどの、駆けつけサービスのある安否確認サービスを検討するのもひとつの方法です。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。