スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局の高齢者見守りサービスは掛けつけにも対応

郵便局高齢者見守りサービスは掛けつけにも対応

郵便局の高齢者見守りサービスが始りました。

郵便局が?とちょっと意外でしたが、考えてみると地域に密着しているし、郵便局員さんの不祥事は聴いたことがないし、やはり安心してお願いできる、身元のしっかりした方が勤務なさっているのだと思います。

地域のお年よりは年金の受け取りや、郵便物の配達で地域の郵便局の方とはどこか親しみやすさが違う気がします。

保険にしても、一般の保険もいいのはたくさんあるけれど、なぜか郵便局の保険って、安心感があるんですよね。

というわけで、郵便局がサービスを開始した高齢者見守りをちょっと調べてみました。

パンフレットを見てみると、毎月訪問して安否確認してくれるタイプと、毎日電話で健康状態などを確認するタイプ、緊急時に駆けつけてくれる3タイプに分かれているようです。

日々の見守り、毎月訪問してしっかりと確認、何かあった時に、は慣れている家族に代わって駆けつけるという、さまざまなシーンに対応しているという感じを受けました。

ちょっと気になったのが、掛けつけサービスは、セコムやアルソックが対応するようで、こちらは郵便局だけでなく、委託業者との契約も必要になるようです。

でも、緊急時に郵便局の局員が駆けつけるというのも、経験がないと思うので、セコムやアルソックの方が安心といえば安心ですよね。

なら最初からアルソックやセコムにしとけばという話になってしまいそうですが、どちらにもいい所だけではないでしょうから、サービスを詳しく比較してみないとわかりませんよね。

ちなみにセコムやアルソックのシニアプランは3000円くらいからあるようです。

パンフレットは無料なので、まずは資料請求してみるのもいいかもしれませんね。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
高齢者安否見守り「まもるっく」
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。