独居老人の買い物支援で安否確認



独居老人買い物支援安否確認

1人暮らしの老人が増加してくると、買い物が困難な人が多くでてくると予想されます。

その意味でも、買い物が困難な人への支援も高齢社会では、取り組みが必要な課題です。

運送業大手のヤマト運輸が、各地の自治体と協定を結んで、地域の特性や、その実情に合わせた高齢者の見守りか都度に取り組み始めています。

たとえば、地域の商店街と連携して、高齢者が注文した商品を配達し、その時に目視で安否を確認するというもの。

ヤマト運輸は担当ドライバーが決まっているので、高齢者の様子の変化や異変に気が付きやすいのだと思います。

人口が減って、公共交通機関の本数が減ってしまったり、足腰が弱くなって買い物にいけなくなった人たちには、買い物支援と見守りがセットになって、助かりますよね。

高齢者のシェアハウスがいいなと思うのですが、互いに年を取っていく事もあって、なかなか難しいのが現状です。

また、子供達が訪ねてきたり、相続などの問題もあるため、シェアハウスというのは難しいのかもしれません。

そして1人で暮らす気楽さがあると、わざわざ人と一緒に暮らしたくないという気持ちもあるでしょう。

一つ一つですが、地域皆で高齢者の安否確認できるようなシステムができればと願います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト